HOME虫|カマキリ目成虫
カテゴリー記事一覧
オオカマキリ
チョウセンカマ‥
ハラビロカマキ‥
コカマキリ
ヒメカマキリ
ヒナカマキリ
ヒメカマキリ
■ヒメカマキリ科
ヒメカマキリ
撮影地:兵庫 撮影時期:8月/2009年

目の高さぐらいの木の枝から枝へバサバサ飛ぶ緑の虫、見ると小型のカマキリだった。
やけによく飛ぶコカマだなあ、と思って見たらヒメカマキリみたい。
カマの形がなんだか幅広いよね。体長3~3.5cm前後。
ヒメカマキリ
保育社の図鑑から、ヒメカマキリについての記載を引用:
24mm-35mm、緑色または黄褐色。
後脚腿節の先端ちかくに葉状突起がある。
成虫期9~11月。林縁や潅木にすみ
(引用終わり。以下略、以降は卵のうの記述)
ヒメカマキリ
やや開発されてはいるものの自然が残る山地にて


続く画像は過去、コカマと誤同定していたカマキリで、
それがヒメであったことを今日確認いたしました。
恥ずかしながら訂正し、こっちの記事に転載いたします。


ヒメカマキリ
撮影地:大阪 撮影時期:8月/2007年

wikipediaのカマキリのページでは、ヒメカマキリについて次のように書かれている。
「後翅が長くて前翅よりも後ろにはみ出し、その両側がとがる特徴がある」
それを見て、今日までコカマキリの変異だと信じてきた古い画像が気になった。
よく見たら翅の末端の両側が尖っているじゃありませんか。
じゃあこれもヒメカマ?本当に?と、古い写真ひっぱりだして調べました。
同じ個体は2連続ショットで残っていて、採用しなかった方の画像に特徴が出ていました。なんだ近所の普通の都市公園にもいたんだ…いるわけないと思っていたから目が曇っていたんですね(涙
ヒメカマキリ
ヒメカマキリ
葉状突起、ようやく発見。 尖っているのが後翅だという確認もできた

CATEGORY:虫|カマキリ目::成虫
2016,12,27 | comments (0)
コメント受付終了
全カテゴリーリスト