HOMEクモ綱ダニ目
カテゴリー記事一覧
フタトゲチマダ‥
フタトゲチマダニ
■クモ綱 ダニ目 マダニ科
フタトゲチマダニ
フタトゲチマダニ 大阪 2010年3月中旬

犬が不審げに床に顔を近づけ、しげしげと何かを見つめていた。
「クモか!」と思い、マテの号令をかけて犬をとめて見てみると、違った。
一瞬マルカメムシかと思った(私は乱視)けど、何だかキモチ悪い気配。
フタトゲチマダニ
ターンオーバーしてみた

マダニだった。巨大化していた。8mmはある。嫌な豆みたいだ。
まだ生きていたので亡き者にしようと思ったけど、その前に撮影。
犬を飼っているのでごくたまに遭遇する。過去ウン十年の間に2頭で3回見た。
今回は血を沢山吸って飽血し離脱(と表現するらしい)した直後に発見したようだ。
マダニは人にとっても犬にとっても凶悪な伝染病の媒介者になりえる。
犬の場合、バベシア症という大変恐ろしい病気にかかる可能性がある。
感染してから発症まで潜伏期間が10~21日あるという。
うちの犬達が発症しないかどうか、歯茎や舌の色などしばらく要観察。
来年からは3月に入った時点でノミ・マダニ薬(フロントラインやフォートレオン)を使おう。
フタトゲチマダニ
物差しとマダニの比較

冷静そうに書いているけど本当は相当びびっている。
バベシアによる急性の貧血やショック症状等は本当に恐ろしいのだ。
CATEGORY:クモ綱::ダニ目
2010,03,22 | comments (0)
コメント受付終了
全カテゴリーリスト