HOME虫|コウチュウ目テントウムシ科の幼虫と卵
カテゴリー記事一覧
ヨツボシテント‥
ムーアシロホシ‥
ダンダラテント‥
ヒメカメノコテ‥
キイロテントウ‥
ナナホシテント‥
ナミテントウ(‥
クモガタテント‥
ニジュウヤホシ‥
コクロヒメテン‥
テントウムシ科の卵から孵化まで
■ヒラタムシ上科::テントウムシ科::テントウムシ亜科
テントウムシの卵
撮影地:大阪 撮影時期:5月/2009年 テントウムシ科の誰かの卵

卵だけ発見してしまうと(似た卵を産むのは数種いるので)どの種の卵か判らない。
テントウムシの卵
撮影地:大阪 撮影時期:5月/2009年 指と比較、サイズ指標です


◾️参考:テントウムシ類の卵の孵化

テントウムシの多くは黄色い卵が行儀良く産み付けられ、卵の色が変り始めたら孵化の合図です
次の卵はナミテントウの可能性が高いですが、産卵の瞬間は見ていないので確実とは言えません。
ナミテントウの卵
2009年6月撮影 植え込みに面したビルの壁

6月4日。壁面にテントウの卵。ナミテントウと思われますが断言はできません。
テントウの孵化直前
卵の色が変化

6月6日、午後14時14分
卵の色が変化したら、孵化がはじまります。
テントウの孵化
1時間半後、孵化がはじまっていた

その1時間半後(午後15時55分)
既に卵の半数は孵化していました。
上翅が色づく
ほぼ全てが孵化していた

さらにその2時間後(午後18時)
ほぼ全ての卵が孵化し終わっていました。色の薄いのや濃いのがあるのは生まれた時間による差かもしれません。

CATEGORY:虫|コウチュウ目::テントウムシ科の幼虫と卵
2009,05,05 | comments (0)
コメント受付終了
全カテゴリーリスト