HOME甲殻類
カテゴリー記事一覧
モクズガニ
子持ちサワガニ
オカダンゴムシ‥
フナムシ(陸)
ワラジムシの一‥
ツノナガコブシ‥
チゴガニ?
テナガエビ
ミナミヌマエビ
サワガニ
カブトエビ
■鰓脚綱>背甲目>カブトエビ科
カブトエビ
カブトエビ 大阪 2001年6月撮影

体長は2~3cm。水田にて撮影 。いい時期にあたったようで、カブトエビがたくさんいた。カブトエビとホウネンエビが泳ぎながら交錯したりして、にぎやかな田圃。30分近く田圃をのぞき込んでしまった。脱皮殻をまじまじ見たのは、これが初めて。
カブトエビ
大阪 2001年6月撮影 映りの悪さは勘弁してね

カブトエビ
大阪 2001年6月撮影 カブトエビとホウネンエビの大きさの差

カブトエビの脱皮殻
大阪 2001年6月撮影 カブトエビの脱皮殻




CATEGORY:甲殻類
2001,06,30 | comments (2)
コメント受付終了
marli tanabe URL | 2006/11/29 21:10
かなり都市部に近い場所で見られるんですが、、残念ながらこの時撮影した田んぼは現在マンションの建設中です。隣接する田んぼは残っていますが、もう風前の灯火といったところでしょう。

干潟がなければ生息できないので、干潟が減っていくのは辛いです。でも利害や利便性がからむ開発を止めることは難しいですよね。
ミナミトビハゼは可愛すぎて、死んだ時のショックが哺乳類のペット並みです。あと弊害として、腹で床に立つ(座る?)タイプの魚が可愛く見えてしまい、食べられなくなりますね、、
ヨッシー URL | 2006/11/28 11:12
ナベさんこんにちは
カブトエビってほんと三葉虫とかそういうのに似てますね。
カブトエビやホウネンエビがたくさんいる水田っていいですね。
大阪にもそういう場所があるんですね。

それとちょこちょこ色んな記事を読ませていただいて楽しんでます。
とんとんみーの記事もよかったです。
ミナミトビハゼってめちゃめちゃカワイイですよね。実家近くにも干潟がたくさんあってトビハゼ類がたくさん生息してたんですが、今ではかなり埋め立て等にあって厳しい状況です(とんとんみーのページにはコメント欄がなかったようなのでついでにここに感想書きました)。
全カテゴリーリスト